<< 被害に遭われている方へ 美容室へ。 >>

東北関東大震災に遭われた皆様にお見舞い申しあげます。

テレビでながれる地震、津波の映像のあまりの惨事に言葉も失い茫然としました。
それでも、ここでは普通の生活はあるわけですが ブログにむかう気持ちにはなれませんでした。

各ブログを通じて応援メッセージや支援の呼びかけが始まっています。
ブログで繋がっている人の輪が 復興に向けて大きな力になるはずです。

中学生の間でも「節電」を呼びかけるチェーンメールが回り 節電意識が広まっているそうです
我が家でも まご達が中心になって これまで以上に節電に取り組んでいます
送電量に限界があるそうですが 何時のときも大切なことなので よりいっそう節電したいと思います。

東京近郊では計画停電に備えての懐中電灯や乾電池が不足しているそうです
広島や福岡でも買えないようです 関東に暮らす家族、知人に送られる人が増えているのだと思います。
今はそういった方たち優先にし むやみに買いだめは控えたいと思います。

c0196495_1214215.jpg神戸の被災者の方の経験談で一番困るのは水だと言われています
日ごろから それなりに備えているつもりですが 今回、量を増やしました。

お風呂の残り湯はそのまま貯めて 入浴する前ぎりぎりに水を抜き掃除します
(子供さんが居るご家庭では事故を防ぐために すぐに抜かれたほうがよいでしよう)

生協の純水を貰ってきて 使ったら水道水を入れています 口いっぱいに入れて空気にふれないようにふたをすれば 腐りにくくなるそうです それを順番に使っています

空いたペットボトルを利用するときは 角い形の方がしっかりしていて扱いやすいそうです

c0196495_12182567.jpg
もしも、給水車にもらいに行く事態になったときは

バケツは運んでいる途中にこぼれたりするので ビニール袋を入れ 口をしっかり結ぶといいそうです 

ダンボールにビニール袋をかぶせ 口をしっかりしぼり スーツケースで運ぶと楽だそうです

手持ちのスーツケースにちょうどいい大きさのダンボールを用意しています。

リエゾン被災人というサイトの中の「被災人の知恵」を時々読み参考にさせていただいています。
参考になると思います 読んでみて下さい
こちらでも 早速、東北関東大震災への支援活動がはじまっています。 → 
自分にできることを見つけ 出来る限りの支援活動に参加していきたいと考えています。 
[PR]
by babara1005 | 2011-03-15 12:06 | まいにち | Comments(0)
<< 被害に遭われている方へ 美容室へ。 >>